LIVE & Others BBS
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[313] TOKIO LIVE TOUR 2008 初日 投稿者:Miyuki 投稿日:2008/03/09(Sun) 02:20  

参加してきました!

が、ドラムと逆サイドのアリーナ前方席だったため、ドラム演奏中のまぼは右手首〜肘のみしか見えませんでした(T_T)
まさか、キーボードがドラムに被るとは…。

ただスピーカー前だったからバスドラの音もよく聞こえて耳がダンボ状態。後は右手の返しとか、自分は右手フェチか!?と思うような視界。
あのステージはなんだか無駄に感じたなぁ。左右にメンバーはあまり来ないし、ステージ中央に固まってるし。

和太鼓も、叩くなら1つ上の高さのステージで演奏してくれればまだ見やすいのに。

今回嬉しかったのは、ドラムとベースのセッション!これが見たかった〜!!!
セットリストではSONIC DRIVEがよかったな♪CDでツインペダルを使っている部分、かなりツイン風に細かくバスドラを刻んでて驚きました。ツインじゃないよね?(なんせ見えない)
CDよりも派手な演奏になってる曲もあれば「ひかりのまち」は短縮版だったりと見えないなりに音の発見尽くしでしたが、初日なので、まったく覚えてません(^^ゞ
sugarはよかったなぁ〜。うるうる来ました。

明日もアリーナですが、ドラムが見たい…。見えるといいな。

残念だったのはシングル曲が多くて、一番聞きたかったindicatorがなかったこと。Harvestの曲も少なかったし。
夏のツアーではやってくれるかな。
とにかく予定外だったけど、7月から始まるツアーもとても楽しみ。

今日の感想の締め。
ぐっさん、結婚おめでとう!あの場にいられて幸せでした。
まぼも本当に嬉しそうだったなぁ(^-^)


[312] 久々 投稿者:Miyuki 投稿日:2007/10/05(Fri) 00:12  

早くまたライブの話がしたいですね…。
1年以上、書き込みしてなかったし(^^;)


[311] Special Gigs in 大阪9/15 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/09/19(Tue) 00:45  

オーラス行ってきました。
今回はDブロックで、ドラム真正面で見てきました。
細かい腕の動きを見るなら、上手側の端のがよかったな、と
後で気づいた、、、
それでも、今回はフィルがいつもと違う箇所がいろいろあって、
そのたびにニンマリ状態。

なかでも、今回のお気に入りは、「Mr.Traveling Man」の大サビ前!
それこそいつもなら、ここの箇所って、クラッシュ2個と、スネア・タムで、
タンタンタカトンで終わりなのに、今日はハデハデだった〜!
どうしてそういうのを、すんなりと演奏できちゃうんだろ。
羨ましい。でもって、カッコいい。。。

この曲だけでなくて、「コン・ジャバ・サン」や「Hey!Mr.SAMPLING MAN」のフィルもハデだったよ。
私が全然気づいてないだけど、今回のGigはどこもそうだったんだろうか、、、
そういや、↓に書いたんですが、これらの曲のドラムのいい場面がチカチカライトで前回参加した時に
演奏が見えなくて不満だったのだけど、今回はスポットライトを浴びるかのように明るくなるだけで
チカチカしてませんでした。ちょっと拍子抜け。というか、あれっ、見やすい!と感激(笑)
単にスタッフのミスだったのだろうか・・・。

オーラスだったから、まぼも熱くなって、リズムが走ったりヘタったりするのかと思ったら、印象が全然違いました。
それよりも、こんなに丁寧に演奏するのを見るのは初めて?と思うくらいに余裕を感じました。
普通の8ビートのストロークの音もクリアで、落ち着いているかのよう。
疲れすぎた時、力が抜けて、反対によい音が出たりするのだけど、今回のまぼはそういう状態だったのだろうか。

Wアンコールでは「Yesterday's」の演奏もあり、これも落ち着いて、ゆったりと見て聞いてられます。
この選曲で、「あぁ、終わっちゃったなぁ〜」と切なさは倍増したけどね。

今日のまぼは、2曲目にはサングラスを外していたのに、帽子は最後まで脱がず。客席にその帽子を投げて、去っていきました。
近いうちに、CDで曲を振り返りつつ、レポを作れたらよいのだけど・・・。頑張れるかなぁ。


[310] Special Gigs in 東京9/2夜 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/09/04(Mon) 01:52  

今日はCブロックの端(上手側)で見てきました。
段差のない場所の一番後ろのブロックということで、みんなCブロック後ろの段差のある方や
中央寄りにいたため、私のいたあたりは結構ガラガラで、いい具合に動けました。
もしこれから参加するという人がいたら、ドラムは真正面で見るのもよいですが、
真正面が混みあってたら、端っこもいいと思いますよ。

上手側(今回でいう茂君側)からだと、ハイハットを刻むまぼや左足がよく見えます。
シンバルも、下手側よりも上手側から見たほうが数が少ないから、遮るものも少ないかな。
この公演がたまたまだったのか、私のいたあたりがガラガラということで、
ドラムが見えるように、ちょこちょこ動けたのもラッキーでした。

ということで、違う方向から見ると、また新たな発見が。

↓に書いた「Get Your Dream」での両手でハイハットを刻む箇所は、やはり大サビ前で、ちょっと静かになって
手拍子の中、智也くんが歌っている箇所でした。
「宙船」や「WATER LIGHT」は、個人的には昨日の演奏のが、私は好きだったなぁ。
今回のは、昨日よりもまぼの遊びが少なかったように思います。今日は2回公演だったから疲れもあったのかな。
「WATER LIGHT」のBメロ部分のフィルが、タンタンタカトンと落ち着いてて普通だったから(札幌と一緒)。

それと、↓に書いたバスドラがドンドンドンと3連打で入るのは、「sunset,sunrise」でした。
太一くんがパンフレットで語ってる、今までにやったことのない曲で、できるだけCDの音に
近づけようと頑張った曲というのは、これですよね?

「LOVE YOU ONLY」の時か、最初、まぼはタンバリンを演奏していて、途中からドラムの音が入るバラードで、
スネアの上にタオルを敷いて、演奏していました。
今回、5人の楽器だけでのライブで、細かなところにも気遣って、いろいろ試してるんだな、と
いうのを、実感した瞬間で、なんだか嬉しくなりました。

今回お気に入りの「Parasitic Plants」。ラストのクラッシュ3連もいいし、途中途中のフィルも
華やかで気持ちいいなぁ。2番の歌詞が終わって間奏に入る前か、つながりがちょっと不安になる
というか、違和感があるところも存在するのだけど。なんでだろ。

後半、「コン・ジャバ・サン」や「Hey!Mr.SAMPLING Man」のまぼのドラムがカッコイイ箇所、
間奏に入る手前とか、大サビの前とか、そういうのが、チカチカしたライティングでよく見えないのが悲しい〜!
そのライティング自体カッコイイことはカッコイイけど、肝心の演奏がちゃんと見えないのは、ねぇ。。。
って、私と同じように思ってる人、いないだろうか・・・。
そういえば、「コン・ジャバ・サン」の大サビの終わりあたりで、クラッシュを3回ガンガンガンと
立て続けに鳴らしてました。今日の私のニンマリ場面(笑)

この回、いきなりの「遊び心」復活は嬉しかったです。
スクールフェスティバルの演奏の後、たしか智也くんが、昔「遊び心」もあったよね、と話をして、
その流れでまぼがポロっと、「呼べばそのうち出てくるかもよ」というようなことを口ばしっちゃったんですよね。
そこからは、客の手拍子が鳴り止まなかった。
ということで、突然の再結成です。
まぼは、ここではベースを担当。

でもね、遊び心の復活よりも、もっと嬉しかったのは、ドラムブースに戻ったまぼが、
「旅行へ行ってから家に帰ってきて、『やっぱり家はいいなぁ』と思うのと同じ感覚」と言っていたこと。
ギターやベース弾いてるまぼより、断然ドラムを演奏してるまぼがカッコイイ!と思う私でした。

もう1つ、ハプニングといえば、一応触れておきますが(笑)
Wアンコールの声に応えて再登場したメンバー。
なぜかまぼを除く4人しかいない。会場はすでに、太一くんへのハッピーバースデイを歌でお祝い。
そんな中でぐっさんが、「今日は太一のことが大好きな女性がお祝いに駆けつけてくれました」とコール。
「しかも外人」とか言ってました。
そこへ現れたのは、金髪のロン毛の美女?!
白いバスローブ姿の、まぼ扮するミス・モンローです(爆)
片言の日本語で挨拶して、それこそマリリン・モンロー風にHappy birthdayを悩ましく歌ってました
(でも、客が一斉に合わせて歌いだしちゃったから、一瞬だったけど)。
太一くんの頬に、ブチューと熱烈なキスで歓迎してましたよ(笑)
真っ赤な口紅が太一くんの頬にくっきり残ってました。
その後、金髪のヅラを取って、地毛の金髪をガガっと直してるまぼは男らしかったです(^^)
口紅もタオルで拭いてましたね。

白いバスローブ姿に金髪って、ちゃっかり仕込んでたのが、なんとも笑えるのだけど、かなり驚きましたよ。
胸にはタオルを入れて、豊満を演出してたしね。
私のPCには、白いバスローブ姿で微笑むマリリン・モンローの写真が入っているので、
それを見ては、まぼの女装を思い出してしまいそうで、怖いです(爆)


[309] Special Gigs in 東京9/1 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/09/02(Sat) 01:52  

一番後ろのブロックだったので、表情はよくわからなかったけど、今日はドラムの演奏がしっかり見えました。
ってことで、毎度のことですが、ドラム中心の話を。

「WATER LIGHT」が、札幌の時よりもよかった気がする。
というのも、Bメロ部分のフィルが札幌では単調だったのに、今日はできるだけ16分のストロークを入れて
メリハリがありましたね。その方がハデになるから、おぉ!って感じでした。
私が今まで知らなくて、今日気づいたこととして、「Get Your Dream」の後半、大サビの前かな。
両手でハイハットを刻んで、所々(4分のタイミング?)右手でスネアを叩いてる箇所がありました。
あと、この曲に限らず、右手スネア→左手タム→右手フロアタム→バスドラのまぼがよく演奏するパターンが
随所に盛り込まれてて(宙船にもあるよね)、それが登場するたびに、あ!と思う私(笑)

今日の「宙船」はメンバーも言ってたけど、智也くんアカペラからイントロに入る時に、場内で、「おぉ〜!」という
歓声が上がり、それで全員テンションが上がったらしく、まぼも例外じゃなかった。
後半なんて特に、めちゃくちゃハデに演奏してましたよ。それがまたカッコよかったー!
ドラムの音がよく出てたし、ガンガンに叩いてる感じ。しかも、普通の8ビートじゃなくて、
なんだか違うように叩いていたように思うのだけど、具体的には思い出せない、、、悔しい、、、
ハイハットの代わりにクラッシュを叩いていたような気もしますが。

演奏の途中で、スイッチが入るのか、慣れた曲でもフィルがハデになったり、そういうのにそのつど反応して、
実はニンマリしている私ですが、なにぶんメモってないので、具体的に思い出せず、記憶が途切れてすみません。
今日はそのニンマリが随所にあったんですけどね(^^;)

何の曲だったか、バスドラが1小節の頭に入る普通のパターンと違って、ドンドンドンと3連打でずっと入ってる曲が
あって、面白いなぁ、と思いながら聞いてたのですが、それが何の曲だったかも、忘れてしまった・・・(泣)
宙船だったようなそうじゃないような、、、
全然覚えてないですね(TT)<自分

今日は後ろから客席全体が見えましたが、途中、そんなに感じなかった一体感が、途中からガーっと一気に固まって、
後半はものすごいパワーで、見ていて圧巻でした。
よく腕も上がってたしね。
TOKIOもTOKIOファンもいいな、と、よい気分になれました。
かくいう私は、隣の親子にガンガンぶつかっていたような。。。

「Parasitic Plants」のテンポ感、身体が横&上にふわふわ動くようなリズムがとても心地よくて、
この曲好きだなぁ&楽しい!と今回も見て感じました。

MCでのツボ。スクールフェスティバル(楽器チェンジ)での演奏後、太一くんのドラム演奏を真似するまぼ。
私が太一くんのドラムを見て思っていたことを、まんま、まぼが表現していたので、すっごく笑えました。かなり似てたし。
ちなみに、太一くんが演奏すると、スネアが凹むそうです(笑)
それだけ、ハデな動きで両腕を動かして8ビートを刻むわけです。

まだいろいろ、ここに書こうと思っていたことがあったのに、記憶がぁ〜(泣)
そうそう、まぼの頭が金髪になってた。一応、報告(爆)
ヒゲがなくなっててよかったー!


[308] Special Gigs in 札幌 その2 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/08/29(Tue) 01:37  

そのほか、今思い出せることといえば、ドラムということじゃないけども、
「EMBLEM」の後半のアレンジが好きだなぁー。ちょっとハードになってます。
後からパンフレットを読んで、納得した部分でもあります。
(たぶんこれのことをぐっさんは言ってるんだよね?)

「Mr.Traveling Man」は、正直、春のツアーで聞いた方のが好き。
終わりのところが、今回のGigの方がCDと同じなのだけど、春のツアーの終わり方のが私はしっくりします。
「必要と思われる箇所にピリオドを打て」は全然違う曲のような感じ。これがまたカッコイイ。

また何か思い出したら書きます。
とにかく、楽しかった!あっという間だった!というライブでした。
なんだか、冷静に見ることができないままに、ツアーも終わっちゃいそうな気がするな、、、


[307] Special Gigs in 札幌 その1 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/08/29(Tue) 01:32  

今回は、ドラムの位置が真ん中なので、やっぱり自分の立ち位置も
真ん中をキープしたほうがいいかと思って頑張ってみましたが、
目の前に男の人やら背の高い女性やら困難な状況に・・・。
ちょっと横にずれて、なんとか見られました。
1階席のだいたい真ん中よりちょっと後ろくらいでしょうか。
それでも、Zepp Sapporoはまだ小さいホールなので結構見える方かな。
それに、ドラムはちょっと高い位置にセッティングしてあるのが
助かります。

ただ、問題があるとすれば、ライブが進行していくうちに、
全体的に中央にファンが寄ってくるんですよ。
まぼファンだけでなく、やっぱり真ん中あたりで見たい人が
多いからスいからだと思うのだけど。
ドラムの位置が端だったら、まぼファンがそっちに集中して
見れたのにな、、、と切なくなったりもしました。
というのも、ライブ終了後、端の方はかなりスペースに余裕が
あって、なのに、私がいたあたりはギュウギュウで、圧迫感に
ストレスが溜まりました(><)
これから行く人は、そんなことも考慮して、場所を決めた方が
いいかと思います。

それで本題。MCネタはたぶんどこかのブログ等でみんなが
書いていると思うので、ドラムの話中心にします。
といっても、とにかく演奏をジーっと見るよりも、リズムに
ノって動いた方がとにかく楽しいライブなので、ずーっと
足でリズムをとって動いたり、拳を振り上げたりしてたから、
演奏をあまり覚えていなかったりします、、、
その辺はご了承ください。

今回、面白いな、と思ったのは、「Parastic Plants」。
途中、右手はライドシンバルを刻みつつ、左手でクラッシュを
器用に刻んでました。GREENのようなダイナミックな演奏も
ありつつ、1曲の中でいろんな要素が詰まっていたように
思います。
念願の「WATER LIGHT」も楽しかった!CDの演奏とは全然違った
けど。イントロ部やサビとか、CDではハイハットで演奏してる
部分をライドシンバルでガンガン演奏してました。


[306] 日本武道館1日目 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/03/12(Sun) 04:38  

とりあえず、備忘録として書いておきます。
最初のメンバー紹介時、まぼがぐっさんの頬にキスをした!(爆)
まぼと太一くんの右横にブース内を映すカメラが設置されていて、
まぼ用カメラに映りに来たぐっさんが、まぼの傍に寄ってきたのをいいことに、
まぼが口を近づけた、というね。
1人で崩れかけたけど、周りはそんなに反応してなかったので、恥ずかしかった(^^;)

今日は、2階東で、ドラムの真横の席でした。
真ん中よりも上の方だったけど、ドラムが思いの外しっかり見られました。

それで気づいたこと。
Symphonicで、ハイハットとスネアで基本パターンを叩いてるときに、
途中ハイハット上で両手でリズムを刻んでみたり、間奏でバスドラの音が
目立つ部分では、リムショットも入れていたり、と、今になって初めて知った・・・。
まだまだ、気づいてない箇所がたくさんあるんだろうなぁ。
野鳥の会になると、そういう細かなことに気づいたりするよね。
しかも、ついでにこの曲で、まぼが叩き逃した箇所もあって、悔しそうな顔も
たまたま双眼鏡で見てしまいました。

MCでは、智也くんがいきなり、セットリストに入っていない曲をやりたいと言い出し、
でも、自分がアコギを弾くまでは、何の曲かは教えない、ということなので、
まぼは、「叩けないかもしれない」と、まぼはドラムブースに入らずに、
最初から太一くんのタンバリンを持ちました。
でも、アコギを使う曲だし、そんなにドラムが難しい曲ではないのでは、と
私は思っていたら、演奏したのは、Yesterday's。
これなら、まぼも楽勝で叩けるのに、、、と思いつつ、曲を聞いていたら(まぼはタンバリン演奏とコーラス)
終了後、やっぱりまぼも、「これならドラム叩けばよかった」と呟いていた(笑)
こういうライブならではのハプニングは大歓迎だな(^^)


[305] 北海道の感想 その2 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/03/06(Mon) 02:28  

MC後の、ベースから入って、各楽器につなぎ、「うわさのキッス」に
行く部分のドラム。決まりきった数パターンを毎回叩いてるの
だと思ってました。。。
それが、今日の1部と2部でも、中身が違ってた。
やっぱり、こういうのは、ドラムの演奏が毎回見られる席だといいのに、と思ってしまう。

うわさのキッスのときか、いつもと違うように叩いていた箇所が
あって、思わずニンマリ。ちょこちょこ、そういうのをやって
くれてはいるんだけど、その時に、あ!と思って1人で嬉しくて
しょうがなかったりするものの、どんなだったか、すぐに
忘れてしまう、、、興奮してると余計にね。
思い出したら、また書きます。


[304] 北海道の感想 その1 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/03/06(Mon) 02:21  

忘れる前に、チラっと感想レポ。

「男達のメロディー」のBメロの、左手クラッシュを刻む箇所、
北海道では、1部で右手でライドシンバルを刻んでたと思ったら、
途中から、ハイハットをハデに大きく右手でシャンシャン叩くように変えてました。
なんだか、楽しそうだったなー。
2部も、ずっと、このハイハットのハデバージョンに。

Hummingbirdの途中、両手でハイハットを細かく刻んで、その合間で
右手でスネアを叩く、というのをやってましたね。
ハイハットを両手で細かく刻むのは、時々やるんだけども、
この曲でやってるのは、初めて知った。
というのも、今日は、今ライブツアーで、初めてほぼ正面から
まぼが見られたという・・・(^^;)

そういえば、バスドラに付けてたライブロゴのカバー?を
忘れたのか、TAMAのままになってました。

いろんな曲でコーラスに参加しようと、意欲的なまぼ。
もう歌わない、という判断時には、演奏中に自分のオデコで、
スタンドマイクを押しやってる姿が、妙に可愛かったり。。。

2部では、「男達のメロディー」の演奏中、噛んでたガムを
器用に片手で取ってたので、どうしたのかと思ったら、
その後、大サビに向かう前の楽器が登場しない部分のソロ
(って、どこかわかるかな・・・)、去年でいうところの、
サックスソロ部分を、まぼが歌ってました。1部では、太一くんが
何語ともわからない言葉で、同じ部分を歌ってました。

メントレエンディング候補曲の2曲の時に、スクリーンに、歌詞が
出るようになって、これは嬉しいなぁ。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -