LIVE & Others BBS
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[308] Special Gigs in 札幌 その2 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/08/29(Tue) 01:37  

そのほか、今思い出せることといえば、ドラムということじゃないけども、
「EMBLEM」の後半のアレンジが好きだなぁー。ちょっとハードになってます。
後からパンフレットを読んで、納得した部分でもあります。
(たぶんこれのことをぐっさんは言ってるんだよね?)

「Mr.Traveling Man」は、正直、春のツアーで聞いた方のが好き。
終わりのところが、今回のGigの方がCDと同じなのだけど、春のツアーの終わり方のが私はしっくりします。
「必要と思われる箇所にピリオドを打て」は全然違う曲のような感じ。これがまたカッコイイ。

また何か思い出したら書きます。
とにかく、楽しかった!あっという間だった!というライブでした。
なんだか、冷静に見ることができないままに、ツアーも終わっちゃいそうな気がするな、、、


[307] Special Gigs in 札幌 その1 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/08/29(Tue) 01:32  

今回は、ドラムの位置が真ん中なので、やっぱり自分の立ち位置も
真ん中をキープしたほうがいいかと思って頑張ってみましたが、
目の前に男の人やら背の高い女性やら困難な状況に・・・。
ちょっと横にずれて、なんとか見られました。
1階席のだいたい真ん中よりちょっと後ろくらいでしょうか。
それでも、Zepp Sapporoはまだ小さいホールなので結構見える方かな。
それに、ドラムはちょっと高い位置にセッティングしてあるのが
助かります。

ただ、問題があるとすれば、ライブが進行していくうちに、
全体的に中央にファンが寄ってくるんですよ。
まぼファンだけでなく、やっぱり真ん中あたりで見たい人が
多いからスいからだと思うのだけど。
ドラムの位置が端だったら、まぼファンがそっちに集中して
見れたのにな、、、と切なくなったりもしました。
というのも、ライブ終了後、端の方はかなりスペースに余裕が
あって、なのに、私がいたあたりはギュウギュウで、圧迫感に
ストレスが溜まりました(><)
これから行く人は、そんなことも考慮して、場所を決めた方が
いいかと思います。

それで本題。MCネタはたぶんどこかのブログ等でみんなが
書いていると思うので、ドラムの話中心にします。
といっても、とにかく演奏をジーっと見るよりも、リズムに
ノって動いた方がとにかく楽しいライブなので、ずーっと
足でリズムをとって動いたり、拳を振り上げたりしてたから、
演奏をあまり覚えていなかったりします、、、
その辺はご了承ください。

今回、面白いな、と思ったのは、「Parastic Plants」。
途中、右手はライドシンバルを刻みつつ、左手でクラッシュを
器用に刻んでました。GREENのようなダイナミックな演奏も
ありつつ、1曲の中でいろんな要素が詰まっていたように
思います。
念願の「WATER LIGHT」も楽しかった!CDの演奏とは全然違った
けど。イントロ部やサビとか、CDではハイハットで演奏してる
部分をライドシンバルでガンガン演奏してました。


[306] 日本武道館1日目 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/03/12(Sun) 04:38  

とりあえず、備忘録として書いておきます。
最初のメンバー紹介時、まぼがぐっさんの頬にキスをした!(爆)
まぼと太一くんの右横にブース内を映すカメラが設置されていて、
まぼ用カメラに映りに来たぐっさんが、まぼの傍に寄ってきたのをいいことに、
まぼが口を近づけた、というね。
1人で崩れかけたけど、周りはそんなに反応してなかったので、恥ずかしかった(^^;)

今日は、2階東で、ドラムの真横の席でした。
真ん中よりも上の方だったけど、ドラムが思いの外しっかり見られました。

それで気づいたこと。
Symphonicで、ハイハットとスネアで基本パターンを叩いてるときに、
途中ハイハット上で両手でリズムを刻んでみたり、間奏でバスドラの音が
目立つ部分では、リムショットも入れていたり、と、今になって初めて知った・・・。
まだまだ、気づいてない箇所がたくさんあるんだろうなぁ。
野鳥の会になると、そういう細かなことに気づいたりするよね。
しかも、ついでにこの曲で、まぼが叩き逃した箇所もあって、悔しそうな顔も
たまたま双眼鏡で見てしまいました。

MCでは、智也くんがいきなり、セットリストに入っていない曲をやりたいと言い出し、
でも、自分がアコギを弾くまでは、何の曲かは教えない、ということなので、
まぼは、「叩けないかもしれない」と、まぼはドラムブースに入らずに、
最初から太一くんのタンバリンを持ちました。
でも、アコギを使う曲だし、そんなにドラムが難しい曲ではないのでは、と
私は思っていたら、演奏したのは、Yesterday's。
これなら、まぼも楽勝で叩けるのに、、、と思いつつ、曲を聞いていたら(まぼはタンバリン演奏とコーラス)
終了後、やっぱりまぼも、「これならドラム叩けばよかった」と呟いていた(笑)
こういうライブならではのハプニングは大歓迎だな(^^)


[305] 北海道の感想 その2 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/03/06(Mon) 02:28  

MC後の、ベースから入って、各楽器につなぎ、「うわさのキッス」に
行く部分のドラム。決まりきった数パターンを毎回叩いてるの
だと思ってました。。。
それが、今日の1部と2部でも、中身が違ってた。
やっぱり、こういうのは、ドラムの演奏が毎回見られる席だといいのに、と思ってしまう。

うわさのキッスのときか、いつもと違うように叩いていた箇所が
あって、思わずニンマリ。ちょこちょこ、そういうのをやって
くれてはいるんだけど、その時に、あ!と思って1人で嬉しくて
しょうがなかったりするものの、どんなだったか、すぐに
忘れてしまう、、、興奮してると余計にね。
思い出したら、また書きます。


[304] 北海道の感想 その1 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/03/06(Mon) 02:21  

忘れる前に、チラっと感想レポ。

「男達のメロディー」のBメロの、左手クラッシュを刻む箇所、
北海道では、1部で右手でライドシンバルを刻んでたと思ったら、
途中から、ハイハットをハデに大きく右手でシャンシャン叩くように変えてました。
なんだか、楽しそうだったなー。
2部も、ずっと、このハイハットのハデバージョンに。

Hummingbirdの途中、両手でハイハットを細かく刻んで、その合間で
右手でスネアを叩く、というのをやってましたね。
ハイハットを両手で細かく刻むのは、時々やるんだけども、
この曲でやってるのは、初めて知った。
というのも、今日は、今ライブツアーで、初めてほぼ正面から
まぼが見られたという・・・(^^;)

そういえば、バスドラに付けてたライブロゴのカバー?を
忘れたのか、TAMAのままになってました。

いろんな曲でコーラスに参加しようと、意欲的なまぼ。
もう歌わない、という判断時には、演奏中に自分のオデコで、
スタンドマイクを押しやってる姿が、妙に可愛かったり。。。

2部では、「男達のメロディー」の演奏中、噛んでたガムを
器用に片手で取ってたので、どうしたのかと思ったら、
その後、大サビに向かう前の楽器が登場しない部分のソロ
(って、どこかわかるかな・・・)、去年でいうところの、
サックスソロ部分を、まぼが歌ってました。1部では、太一くんが
何語ともわからない言葉で、同じ部分を歌ってました。

メントレエンディング候補曲の2曲の時に、スクリーンに、歌詞が
出るようになって、これは嬉しいなぁ。


[303] 福岡の感想 その1 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/02/23(Thu) 01:02  

福岡の収穫は、かなりマニアックなのですが、ぐっさん曲の
Starving Manで発見。2部のときに今回のライブで初めて
まぼ側の斜め前から見られて(でも1階の後ろの方)、
この位置だと、手の返しとかが見られて新しい発見ができたわけです。
まぼの顔は、正直ハイハットに少し被ってて見づらかったけどね。

で、サビの後、Aメロに入る直前、タカタカタン!というドラムの音が
あって、ここは、音が足りない気がする・・・と、毎度気になって
仕方なかったのです。それが、実は、タカタカタン!の後に、
すぐさまハイハットを叩いて、すぐに逆サイドのクラッシュを
叩く早業をしていて、それを見て、こんなことをしてたのかぁ!と
顔がニヤけてしまいました(笑)
文字で書いたらわかりにくいけど、カッコイイんですよ、これが。
伝わりにくいですね、、、

あと、miwaさんが書いてた、クラッシュとチャイナの手の返し(これですよね?)も
やってるのを発見しました。でも、私も何の曲だったか、忘れちゃった。。。
「うわさのキッス」とかも、妙にカッコイイ仕様になってるから、そのあたりかなぁ。

2部では、「自分のために」の後半の大サビで、バスドラと一緒に
クラッシュをずっと叩き捲くってて面白かった!
普段はハイハットとバスドラを一緒に、シャンシャンシャンと
鳴らしてるのですが、私はここに来ると、挙げてる右手の拳を
ドラムの音に合わせて、連続で早く振りたくなるので、
そのように振っていたら、同じタイミングでクラッシュが鳴り響いてるんだもの。
これはさすがに、まぼファンじゃない友達も異変に気づいて、
曲が終わった後、「今、ドラム何してたの?」って聞いて
来ました。こういうのが、ライブならではだよね。


[302] 仙台の感想 その2 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/02/23(Thu) 00:50  

2部は、まぼとは逆サイドの3階席、かなり後ろでしたが、
意外にもドラムの演奏が見える!時折双眼鏡を使って見てました。

「男達のメロディー」のBメロで左手でクラッシュを刻むのは、
この仙台2部だけ、チラリとやってました。
が、それ以降、九州もやってませんでした。。。
単に気まぐれなだけ?
ちょっと気になったのは、このパターンをやるとき、太一くんと
頻繁に目を合わせているような気がしたので、キーボードの
音とか、関係するのかな。とても丁寧に叩いているかも。

この回だったか、T2あたりで音が聞こえなくなったり、音響が
厳しいのか演奏のミスなのかがわからない場面がいくつか
あったと思います。
が、楽しかったから、なんでもいいか。。。(って単に覚えてないだけともいう)


[301] 仙台の感想 その1 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/02/23(Thu) 00:45  

1部と2部の中身がすでにごっちゃになってますが、思い当たる
ことを羅列します。

仙台1部は2階席でしたが、友達のおかげでドラム真横でした。
しかも、まぼの髪型が、洗いざらし風で、前髪をハラリと
下ろしてました。これには絶叫しそうになった。。。
横にいる友達の方を見て、言葉にならない声を発していたような(笑)
ちょっと距離はあるものの、遮るものなく、そんなまぼのビジュアルと
ドラムの演奏を堪能させてもらいましたよ。

顔も見たいけど、バスドラのペダルを踏む足まで見えるので、
つい足を見ちゃったりして(^^;)
なので、実際、何を見てたのか、よくわ「状態(痛)
ホント、レポにならず、すみません。。。

アンコールで登場したときに、変な登場の仕方をしてたような
気はします。バレエ?みたいに、足を地面に対して平行に
伸ばして跳ぶような感じかな。そしたら、ぐっさんも一緒に
同じことをし出して、ここでまた絶叫(笑)

後半、後ろ髪を結んでましたが、前髪がサラリと顔にかかるの
のは一緒なので、これまたカッコイイまぼでした(^^)


[300] 盛岡の感想 その3 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/02/14(Tue) 01:48  

眠くなってきたので、感想は途中ですが、また次回(^^;)

とりあえず、今思い出したのは、盛岡と仙台の2部では、
「自分のために」のサビ部分で、まぼが、左手だけでハイハットと
タムを交互に叩き、右手にはマイクを持って歌ってます。。。
なんで、歌うんだよー!と思う以前に、よくリズムをキープできるな、と目を見張ります。
仙台2部では、音が途中消えかけたけどね。
本人が楽しそうだから、ま、いっか。

盛岡といえば、Wアンコールの声援に応えて登場したメンバー。
太一くんが、ステージ上にあった智也くんのギターを徐に持って弾き始め、
その演奏に合わせて、智也くんが歌いだしたことから、ステージ袖に引っ込んでベースを持ってきたまぼ。
まぼに自分のベースを奪われて、まぼの指示に従うまま、ドラムに向かうぐっさん。
茂くんも、太一くんに言われるままに、キーボード台に上がりました。
めちゃくちゃ即興で、TOKIOのメンバー紹介というか(ギターは太一〜♪とか、そんな歌・笑)、
盛岡の歌なんだか訳わかんない、絶対に再現が不可能な歌を演奏してました(爆)
翌日の仙台1部のMCでも、このときの話題になり、ライブ後に舞台監督に怒られて、
最初にギターを弾き始めちゃった太一くんは、とても凹んだそうです。

実際、盛岡のステージ上で、一通り歌い、演奏した後、太一くんは小さい声で、「ごめんね」と
メンバーに言ってて、「謝るなよ!」とツッこまれていたのでした。
それだけ、気分も高揚し、盛り上がった盛岡のライブでした。


[299] 盛岡の感想 その2 投稿者:Miyuki 投稿日:2006/02/14(Tue) 01:39  

新潟で見たときに覚えてなかった点で、私的にイイな、と思ったまぼのドラムについて列挙します。

・「僕の恋愛事情〜」の後半、ライドシンバルのカップを叩く箇所があって、そこの音の締りが気持ちいい
・「Save As...」のドラムが入る場面、まぼのカウント生声が楽しみになっちゃいました
・「Hummingbird」は、CDよりもドラムの音が派手で、まぼの気合がすごい!
・「LOVE YOU ONLY」に入る前の各楽器のソロ、コンビネーション。特に、ベースにドラムが重なる最初が、
リズム隊好きにはたまらない

今回のドラムの見所は、まぼが作ったメントレエンディング候補曲かな。
仙台で曲名を「No More Bet」と言ってましたね。
この曲、まぼが作っただけあって、曲の冒頭、ぐっさんがスポットを浴びて、ベース音がズシズシ来る。
ドラムは、ハイハットがハーフオープン気味にシャンシャンとハデに鳴らしつつ、
キメキメのクラッシュが気持ちいい。
2番?に入ると、タムを順に叩いて、低音部を強調して曲にメリハリを持たせてるし、
特に好きなのが曲の終わり。私がラジオ等でこの曲を聞いたときに、まぼが作った曲だ、と思ったのが、
曲の終わり直前で、スネア→タム→フロアタムの、まぼが頻繁にやるフレーズが2回続けて出てくることから。
この部分を生で見て、ゾクっとさせてもらった後、さらに一番最後に、シメで左手でクラッシュを3回叩く。
この姿が、ワクワクする〜。とっても自然に、左手でクラッシュを叩くのが、まぼの得意とするところだと思うので
(というか、私自身、左手のクラッシュが苦手なので、この手ワザは毎度尊敬です)、さすがに自身が作っただけあって、
まぼらしさが随所に出ている曲だと思うのです。
ということで、私としては、今回のライブのセットリストで、ドラムを見るなら、見逃せないのがこの曲かな、と。
その後の、ぐっさんが作った「Starving Man」を演奏するまぼも
気合が全面に出てて、見逃せないですね。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -